「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展 兵庫県の3名の作家の本:WAKKUNと東野健一とMaillet/2016年8月19日〜29日/神戸・トンカ書店にて
e0252082_17104670.jpg
「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展
兵庫県の3名の作家の本:WAKKUNと東野健一とMaillet
3 booklets of maillet books & the work:
WAKKUN, Kenichi Higashino & Maillet

2016年8月19日(金)〜29日(月) 火・水定休日
平日13:00〜18:00・土日祝13:00−19:00(最終日17:00まで)

◎WAKKUNのおはなし 8月27日(土) 開場:19:00 開演:19:30 料金:1,000円
話し手:WAKKUN ゲスト:東野健一 聞き手:Maillet
内容:絵本『てがみ』の話などゲストを交えていろいろな話を展開します。
ご予約は、トンカ書店までお願いいたします。

WAKKUNのFBへ(WAKKUNのおはなしとマイレぶっくすの3冊の本と仕事」展のご案内)
https://www.facebook.com/events/304976176518941/



ついにわたしは、腹をくくって自分自身で出版社を立ち上げることに覚悟を決めました。

兵庫県姫路市から発信して徐々に全国へ広げていくこと。
マイレぶっくすは、13をかたどったロゴをモチーフにしていますが、13冊の本を出版することを目標にしており、1回りと1年という13年のサイクルでゆっくりですが着実に誠実に出版していこうと考えています。

3方よしの考え方のもと、本を作って販売していく事を事業にして1年が経ちました。

本が売れない時代になっていても、わたしは、紙の本の持つ魅力はしっかりとあると信じています。
むしろますますその重要性が際立ってきているように思います。

わたしが取り組みたい本は、ブックレットという小冊子でありながらも、
本の厚み(中身の内容)を感じられる品を作っていきたいのです。
32ページという基本的なかたちは、手軽に読み切れる物語の長さが実現できる点が特徴的です。

わたしは、長年本を作ることにあこがれてきました。
これからもっと楽しく生きていきたいから、わたしはそのための土のような存在でありたいと思います。
力を貸してください。お願いいたします。

maillet books 代表



maillet books(マイレぶっくす)
母体であるMaillet(マイレ)という真鍮のコスチューム・ジュエリー・メーカーを2010年に兵庫県姫路市にて立ち上げ、2015年より出版部門を立ち上げ事業を拡大する。最初の本となる神戸のイラストレーター・絵本作家のWAKKUN。2016年8月末〜9月中旬に神戸の絵師・ポトゥアの東野健一出版予定。10月〜12月に神戸のイラストレーター・絵本作家の太田朋出版予定。現在、自社のMailletの本を合わせて2冊の本を出版している。



トンカ書店
〒650-0011神戸市中央区下山手通3-3-12
元町福穂ビル2D
TEL・FAX:078-333-4720
tonkabooks@hotmail.co.jp
http://www.tonkabooks.com/
JR元町駅東出口より徒歩5~6分

[PR]
by maillet | 2016-08-29 18:45 | マイレぶっくす


<< トンカ書店さんでのブックイベン... おはなし会場風景/WAKKUN... >>