展示風景/9月18日/東野健一の絵本『蝸と兎』出版記念イベント/神戸・KOBE STUDIO Y3
e0252082_00554545.jpg
最初は、150冊並べていました。今日の終わりには半数以上が旅立ち、減ったなぁと…
e0252082_00554907.jpg
絵本の原画達…
e0252082_00555252.jpg
東野さんにサインをしてもらうために並んでくださった方達…
e0252082_00555445.jpg
車座になって東野さんのおはなしを聞く方々…
e0252082_01272928.jpg



今日は、100人以上の方にご来場いただいた様子です。本もたくさん旅立っていきました。
東野さんの顔が笑顔になるのがとってもよかったです。身体がしんどいと思うのです。
しかし、みなさんと交流されると同時にだんだんと笑顔にあふれていらして、
ある小さな女の子は、東野さんの本を自分の赤ちゃんに見せ読むって言ってくれて
それがとってもうれしかったです。東野さんといっしょになってよろこびました。

とってもうれしくて◎ちびっこたちは、何度も東野さんのサインの列に並んで、サインを
ねだっていました。ちびっこの女の子、男の子、両方に人気のある東野さん。
やさしい笑顔は、みんなをしあわせにしているようでした。
途中なんどか、おはなしをされていた東野さん、夕方に車座になっておはなしを
してくださってみなさんじっくりと聞いていらっしゃいました。

とってもうれしい光景が見ることができてとってもよかったです。
東野さんが笑っている姿をみることができたことがとってもよかった。

フライング・フレームさんの額装もとっても良い感じに仕上がっていて、
東野さんが、神戸の額屋さんの中でも素晴らしい額をつくる職人だとほめてくださっていて
そうしたこともわたしには、うれしいことでした。とってもわたしも信頼してきた
職人さんなだけにそうした評価というのは、やっぱり聞いていて、よかったっておもいました。
とっても魅力的な額ですし、作品を豊かなものにして、とっても作品をよくみえるし
とても素敵に仕上がっていることは、見れば見るほど、へーってなります。
そうした細やかさというのは、フライング・フレームさんの人柄が現れていると思います。

わたしは、来てくださる方とおしゃべりをしながら過ごし、眺めていました。
とても素敵な時間を過ごすことができて、東野さんが作るイベントの豊かさを見ていました。
いろいろと勉強をさせてもらって◎

ご来場いただきましたこと、マイレぶっくすからもありがとうございます。
明日も楽しみにしております。

マイレぶっくすより


[PR]
by maillet | 2016-09-19 01:23 | マイレぶっくす


<< 展示風景/9月19日/東野健一... 光の輪のブローチ >>