カテゴリ:マイレぶっくす( 52 )
WAKKUN 絵本「てがみ」お取扱店さま
e0252082_21011652.jpg
WAKKUNの
―『てがみ』のあらすじ―
今より少し前の時代、貧しくつつましい生活をしていたせいぞうとお春の間で交わされた素朴な手紙。胸が熱くなる、その内容とは。フランスの詩人・故ピエール・バルー氏(映画『男と女』に出演)から国際電話がかかってきた逸話もある物語。

WAKKUN(わっくん)
画家、絵本作家、イラストレーター。1950年神戸に生まれる。86年TAO(神戸)、87年PICTURE(大阪)にて個展、以降毎年神戸、大阪、京都、新潟、東京などで個展を開催。95年ボランティアTシャツ、ガッツ君の絵を描く。代表作に「けらいのひとりもいない王様」 、「小雨まじりの福井の朝」、「二人の空気」などがある。出版物に絵本『ほっ』 、絵本『いただきます!』、絵本『あっ』 、絵本『阿賀のお地蔵さん』、絵本『てがみ』、イラストエッセイ集『54才の絵日記』、画集『友達がいてよかった』 などがある。

-------------------------------------

◎販売店を募集中しています。
◎学校図書、図書館、絵本の朗読、読み聞かせ、歌語り、紙芝居を
してくださる方も募集しています。ご連絡お待ちしております。

マイレぶっくすに興味を持っていただきありがとうございます。マイェは、2015年よりブックレットを作るちいさなちいさな出版社を始めました。どこでも買える本を制作しているわけではありません。地域の「おみやげ」、「おくりもの」の品になると考えるからです。兵庫県の作家さんの本を主に作っていきます。目標は、13冊の本をつくることです。一寸法師の打出の小槌のように、心が豊かに成長する本をゆっくり出版と販売をしていけたら…。

現在、直販はしておりません。
お問い合せは、お手数ですが各お店にお願いいたします。

-------------------------------------

[現在の出版目録
・絵本『てがみ』WAKKUN
・エッセイ集『素直なシセイ、素直なかたち』Maillet
・絵本『蝸と兎』東野健一


[受賞]
日本タイポグラフィ年鑑2017
エディトリアル部門入選作品

-------------------------------------

[絵本『てがみ』WAKKUN/お取り扱い店一覧表/
関西を中心に現在20カ所
、ネットショップ1カ所にて販売中]
2015年4月14日より発売

◎甲信越 kousinetsu

新潟 niigata

ギャラリー
新潟・中央区/新潟絵屋 tel. 025-222-6888


◎北陸 hokuriku

石川 ishikawa

絵本専門店
金沢・泉野出町/宇吉堂 tel. 076-241-9818


◎関西 kansai

大阪 osaka


本屋
北区・堂島/本は人生のおやつです tel. 06-6341-5335

ギャラリーと喫茶
北区・本庄西/iTohen tel. 06-6292-2812

雑貨
泉佐野・日根野/nyau/namastenyau.blogspot.jp/

施設
箕面・坊島/豊能障害者労働センター tel.07-2724-0324


兵庫 hyogo

本屋
西宮・苦楽園/中曽根書店 tel. 0798-74-3285
神戸・トアウエスト/トンカ書店 tel. 078-333-4720(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・元町/1003 tel. 050-3692-1329(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・須磨/流泉書房パティオ店

食事と本屋
西宮・西宮北口/PASTA e CAFÈ SHIOSAI/shiosaicafe.webcrow.jp/

ギャラリーと喫茶
西宮・苦楽園/ウラン堂 tel. 079-856-8690
神戸・トアウエスト/toiro/http://to-i-ro.jimdo.com/ 

ギャラリー
神戸・元町/ギャラリー ヴィー tel. 078-332-5808

喫茶店
神戸・元町/ホープ洋装店/ja-jp.facebook.com/hopedressshop/
神戸・トアウエスト/modernark/www.chronicle.co.jp/
神戸・兵庫/土日家/https://ja-jp.facebook.com/donichiya

食事処
神戸・元町/やさい食堂 堀江座/080-7041-5711
姫路・上伊勢/米ギャラリー大手前・土の詩/thuchiuta.exblog.jp/

雑貨屋
姫路・辻井/ボカグランデ tel. 079-293-5339



◎通信販売(ネットショップ)
箕面・坊島/豊能障害者労働センター 
積木屋 http://www.tumiki.com/
商品カテゴリー 書籍・CDのコーナーにて

-------------------------------------

関連記事
新潟の雑誌・LIFE-mag.さんのblogにて…/http://maillet.exblog.jp/25141691/
展示風景/「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24626686/
「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24492951/
会場風景/WAKKUNのおはなし/http://maillet.exblog.jp/24623164/
展示風景/「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24605336/
WAKKUNさんの本とMailletの本/http://maillet.exblog.jp/24488923/
iTohenさんにてのWAKKUNさんとのトークでは…/http://maillet.exblog.jp/24172960/
iTohenさんトークイベント/http://maillet.exblog.jp/24107856/
WAKKUNさん宛にファンレターの葉書が届いた/http://maillet.exblog.jp/23355591/
絵本「てがみ」原画展の展示風景その2/http://maillet.exblog.jp/23344610/
絵本「てがみ」原画展の展示風景その1/http://maillet.exblog.jp/23340171/
WAKKUN在店日が決定 /http://maillet.exblog.jp/23244543/
今日、WAKKUN展が終わって、電話で/http://maillet.exblog.jp/23016929/
絵本『てがみ』WAKKUN/神戸新聞の記事/http://maillet.exblog.jp/24664185/
WAKKUN展、絵本の展示風景/http://maillet.exblog.jp/22956859/
マイレぶっくす、第一冊目の本が本棚に収まる/http://maillet.exblog.jp/22956738/
「てがみ」 絵と文/WAKKUN/http://maillet.exblog.jp/22947646/
展覧会用にギャラリーヴィーさんに送ることに/http://maillet.exblog.jp/22949320/
帯ができあがってくる/http://maillet.exblog.jp/22947642/
「てがみ」WAKKUNとダミーの本の最終確認/http://maillet.exblog.jp/22923153/
マイレぶっくすの第一弾は、WAKKUNさんです/http://maillet.exblog.jp/22898416/


マイレぶっくすより

お取り扱いのお問い合せは、
yusukeisedadesign@gmail.com
までお願いいたします。

[PR]
by maillet | 2018-12-31 23:55 | マイレぶっくす
Maillet エッセイ集「素直なシセイ、素直なかたち」お取扱店さま
e0252082_21020358.jpg
Mailletの
―『素直なシセイ、素直なかたち』のあらすじ―
ものづくりの「姿勢」から「おもいやり」について書いたエッセイ集。大学時代からデザインへの想いやMailletの真鍮のジュエリーまで。タイポグラファである恩師ヘルムート・シュミット氏(ポカリスエットのデザインが有名)への熱いラブレターでもある。

Maillet(マイェ)
1979年兵庫県姫路市生まれ。神戸の大学を卒業し、グラフィックデザイナーとしてのキャリアを歩む。のちにアパレル会社のジュエリー制作現場にて、刻印によって文字を金属に彫ることに出会う。2010年10月よりコスチューム・ジュエリー・メーカーとして日本各地に品を卸す。真鍮を使い、手のぬくもりのある形から身につける女性の意識下に姿勢を届けるような美しさを提案する。2014年、姫路アート・クラフトフェア出店。2016年、にじのわまつり出店。2017年、伊丹国際クラフト展『ジュエリー』にて2作品が入選。出版物にエッセイ集『素直なシセイ、素直なかたち』がある。

-------------------------------------

◎販売店を募集中しています。
◎本に出てくる詩の朗読をしてくださる方、歌語りを募集しています。
◎学校図書、図書館。
ご連絡お待ちしております。

マイレぶっくすに興味を持っていただきありがとうございます。マイェは、2015年よりブックレットを作るちいさなちいさな出版社を始めました。どこでも買える本を制作しているわけではありません。地域の「おみやげ」、「おくりもの」の品になると考えるからです。兵庫県の作家さんの本を主に作っていきます。目標は、13冊の本をつくることです。一寸法師の打出の小槌のように、心が豊かに成長する本をゆっくり出版と販売をしていけたら…。

現在、直販はしておりません。
お問い合せは、お手数ですが各お店にお願いいたします。

-------------------------------------

[現在の出版目録
・絵本『てがみ』WAKKUN
・エッセイ集『素直なシセイ、素直なかたち』Maillet
・絵本『蝸と兎』東野健一


[受賞]
日本タイポグラフィ年鑑2017
エディトリアル部門入選作品

-------------------------------------

[『素直なシセイ、素直なかたち』Maillet/お取り扱い店一覧表/
関西を中心に現在13カ所にて販売中]
2016年6月24日より発売開始!

◎甲信越 kousinetsu

長野 Nagano

アロマ専門店
長野・上田/hiraya/www.facebook.com/natsumi.sakurai.528


◎関西 kansai

大阪 osaka


雑貨
泉佐野・日根野/nyau/namastenyau.blogspot.jp/

兵庫 hyogo

本屋
神戸・トアウエスト/トンカ書店 tel. 078-333-4720(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・元町/1003 tel. 050-3692-1329(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・須磨/流泉書房パティオ店

食事と本屋
西宮・西宮北口/PASTA e CAFÈ SHIOSAI/shiosaicafe.webcrow.jp/

ギャラリーと喫茶
西宮・苦楽園/ウラン堂 tel. 079-856-8690
神戸・トアウエスト/toiro/http://to-i-ro.jimdo.com/ 

喫茶店
神戸・元町/ホープ洋装店/ja-jp.facebook.com/hopedressshop/
神戸・トアウエスト/modernark/www.chronicle.co.jp/
神戸・兵庫/土日家/https://ja-jp.facebook.com/donichiya

食事処
姫路・上伊勢/米ギャラリー大手前・土の詩/thuchiuta.exblog.jp/

雑貨屋
姫路・辻井/ボカグランデ tel. 079-293-5339

-------------------------------------

関連記事
トンカ書店さんのマイレぶっくす展への寄稿から/http://maillet.exblog.jp/24647512/
展示風景/「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24626686/
2016年8月26日の毎日新聞の記事/http://maillet.exblog.jp/24664189/
「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24492951/
会場風景/WAKKUNのおはなし/http://maillet.exblog.jp/24623164/
展示風景/「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24605336/
WAKKUNさんの本とMailletの本/http://maillet.exblog.jp/24488923/
「素直なシセイ、素直なかたち。」Maillet/http://maillet.exblog.jp/24464468/
自書を語る、内面の姿、その/http://maillet.exblog.jp/24458470/
出版するMailletの本の内容のこと/http://maillet.exblog.jp/24453403/
帯ができあがってきました(Maillet篇)/http://maillet.exblog.jp/24449827/
ダミー本、最終確認/http://maillet.exblog.jp/24420455/
あたらしい2冊の本のことが動き出しました/http://maillet.exblog.jp/24000441/
マイレぶっくす第二弾は、Mailletです/http://maillet.exblog.jp/24000407/

マイレぶっくすより

お取り扱いのお問い合せは、
yusukeisedadesign@gmail.com
までお願いいたします。
[PR]
by maillet | 2018-12-31 23:55 | マイレぶっくす
東野健一 絵本「蝸と兎」お取扱店さま(2016年9月18日発売開始)
e0252082_21023168.jpg


東野健一の
―『蝸と兎』のあらすじ―
昔話『兎と亀』から東野健一が発展し、現代社会にあたらしく打ち出した物語。力の差があるカタツムリは、ウサギに勝負を挑みます。カタツムリは、どうやって力の差をうめるのでしょう。勝負の行方は? そして、この物語が投げかけることは? 

東野健一(ひがしの・けんいち)
1947年、神戸市長田区生まれる。1987年、40歳の時インドに渡り、西ベンガル州で古くから伝わる絵巻物を見せながら語るポトゥア(絵巻物師)に出会う。1989年、ポト『狼の魂』を初めて上演する。以後、絵の制作と並行しながら、日本のポトゥアとして様々な場所で上演、子供から大人まで親しまれている。代表的な作品に「お~い、この家、灯り点いとぉか~?」と言う観客参加型のポト『かたつむり』などがある。2016年1月、神戸で上演。1,000人以上を動員する伝説のイベントとなる。出版物に絵本『蝸と兎』がある。2017年1月6日没享年70歳。

-------------------------------------

◎販売店を募集中しています。
◎学校図書、図書館、絵本の朗読、読み聞かせ、歌語り、紙芝居を
してくださる方も募集しています。ご連絡お待ちしております。

マイレぶっくすに興味を持っていただきありがとうございます。マイェは、2015年よりブックレットを作るちいさなちいさな出版社を始めました。どこでも買える本を制作しているわけではありません。地域の「おみやげ」、「おくりもの」の品になると考えるからです。兵庫県の作家さんの本を主に作っていきます。目標は、13冊の本をつくることです。一寸法師の打出の小槌のように、心が豊かに成長する本をゆっくり出版と販売をしていけたら…。


現在、直販はしておりません。
お問い合せは、お手数ですが各お店にお願いいたします。


東野健一さんは、永眠されましたが販売を続けていきます。販売して集まった資金は、マイレぶっくす基金(東野さんの提案)として貯金し、東野さんの絵本の原画展やマイレぶっくすから出版した本の全体の展覧会を企画して運営していく際の貴重な資金にさせていただきます。循環させていきたいと思っています。東野さんともお話をして決めた事です。ゆっくりと東野さんの本を伝えていくこと・販売していくこと・届けることをしていきます。ご協力いただける方は、ご連絡くださいませ。

-------------------------------------

[現在の出版目録
・絵本『てがみ』WAKKUN
・エッセイ集『素直なシセイ、素直なかたち』Maillet
・絵本『蝸と兎』東野健一


[受賞]
日本タイポグラフィ年鑑2017
エディトリアル部門入選作品

-------------------------------------

[絵本『蝸と兎』東野健一/お取り扱い店一覧表/
関西を中心に現在16カ所
](2016年9月18日発売開始)
◎関西 kansai

大阪 osaka

雑貨
泉佐野・日根野/nyau/namastenyau.blogspot.jp/

兵庫 hyogo

本屋
神戸・トアウエスト/トンカ書店 tel. 078-333-4720(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・元町/1003 tel. 050-3692-1329(問い合わせ・通販の対応あり)
神戸・須磨/流泉書房パティオ店

食事と本屋
西宮・西宮北口/PASTA e CAFÈ SHIOSAI/shiosaicafe.webcrow.jp/

ギャラリーと喫茶
西宮・苦楽園/ウラン堂 tel. 079-856-8690
神戸・トアウエスト/toiro/http://to-i-ro.jimdo.com/ 

ギャラリー
神戸・元町/ギャラリー ヴィー tel. 078-332-5808
神戸・北野/アートスペースかおる

喫茶店
神戸・六甲/Atelier Rosette/ja-jp.facebook.com/atelier.rosette/
神戸・三宮/mahisa/http://www.o-cha-ya.com/
神戸・トアウエスト/modernark/www.chronicle.co.jp/
神戸・兵庫/土日家/https://ja-jp.facebook.com/donichiya

食事処
神戸・元町/やさい食堂 堀江座/080-7041-5711
神戸・県庁前/ヒンホイ/ 078-382-0073
姫路・上伊勢/米ギャラリー大手前・土の詩/thuchiuta.exblog.jp/



[絵本『蝸と兎』東野健一、図書館へ]
◎学校図書
神戸・東灘/カナディアン・アカデミー

-------------------------------------

関連記事/
東野健一の絵本『蝸と兎』出版記念イベント/http://maillet.exblog.jp/24668955/
東野健一の絵本『蝸と兎』出版記念イベント/http://maillet.exblog.jp/24666760/
東野健一 絵本「蝸と兎」2016年9月18日より発売/http://maillet.exblog.jp/24660638/
マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展 展示風景/http://maillet.exblog.jp/24626686/
マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展/http://maillet.exblog.jp/24492951/
会場風景/WAKKUNのおはなし/ゲスト東野健一/http://maillet.exblog.jp/24623164/
東野健一さんの絵本の進展状況/http://maillet.exblog.jp/24554698/
ちょっと進展、ちょっと後退/http://maillet.exblog.jp/24249633/
マイレぶっくす第四弾は、東野健一さんです。/http://maillet.exblog.jp/24233996/
号外/東野健一の絵本『蝸と兎』出版記念イベント/http://maillet.exblog.jp/24623556/

マイレぶっくすより

お取り扱いのお問い合せは、
yusukeisedadesign@gmail.com
までお願いいたします。

[PR]
by maillet | 2018-12-31 23:55 | マイレぶっくす
新潟の雑誌・LIFE-mag.さんのblogにて絵本「てがみ」WAKKUNが紹介されました。
新潟の雑誌・LIFE-mag.さんの
bolgにて、絵本「てがみ」WAKKUN
が紹介されました。

bolgには、「店は土。主は風。客は種。金は水。」神戸を振り返って
と記事のタイトルがあり、
WAKKUNさんやトンカ書店さん、いろいろな本やフリーペーパー、
太田朋さんのポストカードが紹介されています。

わたしも、このLIFE-magさんのイベントへ行って、おはなしを聞きました。
感想は、自分も、生きていこう!と思いました。

WAKKUNさんの展覧会、去年の新潟展に行った時に、この雑誌を
購入していたので一通り読んでいました。素晴らしい雑誌でした。

年末に神戸・元町の1003さんでも「シネ・ウインドウ」特集がある号を
購入して読みかけているところです。

とても活字のボリュームがあるので、じっくりと読めます。
他にもひとつ号を持っていてそちらも興味のある人から読んでいきました。

この雑誌は、人を紹介している記事が多いです。その人の考えを
感じる事ができるのは、おもしろいですし、それに異業種の方の
エピソードなど、側面を知れるのは、とっても興味があります。

生の考えを聞けるというのがおもしろいですね。



言葉を伝えること、時間をかけて伝わること、言葉にできなかったなにか、
に思いを寄せられる絵本です。



とLIFE-mag.さんから書評を書いていただきました。


LIFE-mag.さん ←LIFE-mag.さんのblogの記事へ
http://life-mag-interview.blogspot.jp/
LIFE-mag.さん、ありがとうございます!

マイレぶっくすより

[PR]
by maillet | 2017-01-09 20:54 | マイレぶっくす
マイレぶっくすの販売店さんのご紹介/阪急西宮北口の食事処SHIOSAIさん
阪急西宮北口の食事処SHIOSAIさんにて、昨年暮れより
maillet books(マイレぶっくす)の本をすべて取り扱っていただいております。

近くのウラン堂リトウ・リンダさんのご紹介にて置かせていただくことになりました。
紹介したいお店があるねんといっしょに行動いたしまして、連れて行ってもらいました。
ありがとうございました。

店主さんには、がんばっているなぁと励ましていただきました。
お店は、絵本が充実しているようです。

お近くの方は、ぜひ。

マイレぶっくすより


西宮・西宮北口/PASTA e CAFÈ SHIOSAI
〒662-0834西宮市南昭和町10-19公同教会総合ビル1F
shiosaicafe.webcrow.jp/
[PR]
by maillet | 2017-01-02 13:53 | マイレぶっくす
絵本『てがみ』絵と文・WAKKUNの新しい販売店さん・中曽根書店さん
絵本『てがみ』絵と文・WAKKUNの
新しい販売店さんです。

WAKKUNさんが絵本を見せていただいた
ことからお話が進みました。
街の本屋さんです。
これから、まず、3ヶ月間お世話になります。
よろしくお願いいたします。

お近くの方は、ぜひ。

マイレぶっくすより

西宮・苦楽園/中曽根書店 
〒662-0074 兵庫県西宮市石刎町3−15
tel. 0798-74-3285

[PR]
by maillet | 2017-01-02 13:42 | マイレぶっくす
iさん、Hさん、Wさんの何に興味があるのかなどから見えること…
iさん、Hさん、Wさんのどこに興味があるのかということ。

わたしは、その3人に共通していえることは、
ひとつの世界観を地のことから考えて作って来られたことに
関心があるのです。

地方という土地で生き抜いてこられたこと、東京に行かずして
成功を手に入れられたこと。いや、成功していっていらっしゃるという
未来に向かっていらっしゃること。

わたしは、中央の都市がすべてではないと思っています。
というのは、言い古されたことですが、

わたしが信じるのは、地方の中堅都市であっても十分に暮らしていけるし
そして、活動が十分にできると思っています。

そうした、先人たちが生き抜いて来られた人生哲学に興味があり、
マイレぶっくすの最初に登場していただき、わたしの研究として
勉強させていただきました。

3人の方は、素晴らしい芸術を発信されてきている。現代において
むかしの人ではなく、現在進行形の作家でもいらっしゃるのです。

そうした方々から勉強することというのは、とても重要な価値があり、
研究を進めるべき人物たちであると思っています。

そして、生きている間に交流を持ち、その叡智を体験することで
重要な生の源泉に触れることができる。

そんな宝物のようなことは、絶対に体験できないと思うのです。
積極的に行動をして、握手を交わしていく。

政治的なこと、権威的なことなどは、考えません。
それよりももっと大切な文化の重要な側面をみつけだし、吸収することが
わたしの研究であり、勉強です。こうした個人的な研究は、
マイレぶっくすというかたちで日の目が出るのです。

マイレぶっくすは、なぜ値段が高いのか、それは、研究結果だからです。
相当な価値があるためです。ですが、分かっていただくためには、
相当な年月がかかるであろうと思っています。

マイレより
[PR]
by maillet | 2016-10-26 23:27 | マイレぶっくす
イベント風景/岩田健三郎さんとのトーク/2016年10月19日 14〜15時/姫路・米ギャラリー大手前
e0252082_19445883.jpg
e0252082_19442797.jpg
e0252082_19435822.jpg
e0252082_19432847.jpg
e0252082_19425887.jpg
e0252082_19393865.jpg
大盛況で満席、30名以上の方がご来場でした。
わたしの知る方は、ひとりだけ。

岩田さんがおしゃべりをしてはったので、
その延長線で3人の対談がはじまりました。
箱庭さんの音楽から入って、岩田さんの本の朗読、そのはなし、
雑談のように進めていく、、、。

マルのこと…、マイレの本のことをちょびっと、
わたしの仕事のポートフォリオの文章から
小ちゃな仕事のはなしになって、言葉がつまりました。
なぜなら、岩田さんのことにつなげようと思うのですが、
ミニマリズムの話をしても仕方がないし、、、。

ミニマリズムというのは、小さな…、最小限のという意味ですが。
わたしがそういった世界の方向へ気持ちが向いているけれども
一般的なミニマリズムとも違うわけですね。自分がおもっているのは。
行き過ぎはよくないと思っているし、わたし自身に置き換えてみても
ミニマリズムだけじゃないので、、、。そうした世界のことを
おはなしをするのをたとえ話をすれば良いのかもしれないけれど、
岩田さんに結びつけてお話しするのができなかった。

なので、応援してもらっていますとして、はなしをして逃げました。
小さなことへ向かう事を言うのがなんとなく言えない、、、。
だけれども、わたしは、その方が良いと思っているし、、、。
逃げました。岩田さんのことが聞きたいのです。
だから、プロジェクトが、、、とか言って話をそらしたのです。

今回の話の中心は、「足を運ぶ」ということを中心に進めようと
計画をしていたので、岩田さんからその話を聞くために話を振ってみたのです。
詳細を聞いて、そうだったのかとか、岩田さんから聞いてみて
なるほどなぁと思って、納得していったのです。

電車に乗って目的地もなく行くことの魅力も聞けました。
そうした話を聞いて、現在のなんでもそろっている時代でない時のはなしの
方がおもしろい。わくわくする話を聞けたと思います。

ちょっと宝物。こういった話がすこしでも聞けた事がおもしろい。
あたりまえになってしまったことじゃない事の方がおもしろい。
岩田さんの話を聞いてますます膨らむ夢。

わたしの話は、きっかけに過ぎず、岩田さんの話を聞くための
前振りなのですが、へらへら通信を作って来られたことの
もとのもとみたいなことが、「足を運ぶ」だと思うので、
すこしでも聞けてよかったと思っています。

役目を終えて、良かったと思いました。

自転車で、米ギャラリー大手前さんまで行く事とか
そういったことも、、、。意味があると。

そして、終わってから、マイレぶっくすの本を見てくださる人が
数名いたことは、よかったと思います。購入までもいかなくても、
本のことを伝えられたことがよかった。
Nさんのことを例に出されたりしていらっしゃったけれど、
わたしは、そちらとは違うのですと言ったりして、、、。
まぁ、それを強調するつもりもありません。
分かっていただくには、時間が必要だと思いました。
まぁ、まぁ、まぁ、思う事はたくさんです。
しかし、そうしたことは、愚痴にしかならず、
推し進めて、結果を出すしかないのです。

そして、違う方、Sさんとは、途中の過程がおもしろいのです!
ということで一致しました。
作り上げるまでの時間がおもしろい。だから、それを楽しむために
しているのだということ。結果を産み出すための途中のことが
一番おもしろい。結果がすべてだということもありますが、、、、。

この度のことでいただいた出演料は、店主さんから「マイレぶっくす基金」へと
いただきました。とてもうれしい。いただけるとは思っていなかったので、
基金へ貯金をして、マイレぶっくすの活動に使わしていただきます。

おもしろい一日でした。
来てくださいましたみなさま、そして岩田健三郎さん、
箱庭さん、企画してくださった店主さん、

ありがとうございます。とてもうれしい時間でした。

マイレより



[PR]
by maillet | 2016-10-19 20:30 | マイレぶっくす
本を届けることについて
アクセサリーを購入いただいたみなさまからのお金を
わたしは、本というかたちに変えていくことをしています。

自分が暮らしていくだけのことであったり、
旅に出たりする資金にしたりするのは、自己資金で解決すれば
良いことなので、みなさまからいただいているお金を
わたしは、本をつくることで循環させることを考えています。

お金になってしまったものを、また違った品ものを生産し、
変えることでもう一度循環させていく。そうした循環が
とても大切だと思っています。

そして、もう一度、相手に届けること。
ぐるぐると回る。ある玩具を思い出しますね。

本を届けて、笑顔になった子供さんたちを見ていて、しあわせになりました。
たくさんの楽しそうな姿を見ていたら、よかったと思いました。

できることなら、そうした活動を続けていきたいと思っています。
大したことができないのは、十分に分かっていますから、
すこしのよろこびをつくることができたら良いかもと…。

マイレより

[PR]
by maillet | 2016-09-24 11:16 | マイレぶっくす
号外/東野健一の絵本『蝸と兎』出版記念イベント/2016年9月18日・19日/神戸・KOBE STUDIO Y3
e0252082_06113657.jpg

2016年敬老の日特別企画
第2弾 まだ生きてまっせ
「宇頂天果無ポトゥアの宴」
日時:2016年9月18日(日)・19日(月)12:00–19:00
場所:神戸・KOBE STUDIO Y3
   C.A.P.(芸術と計画会議)3F事務所前広場

18日 ホロホロチャイと味取パンの振る舞い
19日 徳島・神山の宮城 愛 ミニコンサート
東野健一の絵本『蝸と兎』を特別価格+おまけ付きにて販売いたします。


絵本『蝸と兎』
絵と文/東野健一
フルカラー32頁ブックレット
1,500円+税
マイレぶっくす刊


KOBE STUDIO Y3
〒650-0003
神戸市中央区山本通3-19-8
神戸市立海外移住と文化の
交流センター内
phone+fax 078-222-1003
info@cap-kobe.com
10:00–19:00(月曜休み)

[PR]
by maillet | 2016-09-19 23:00 | マイレぶっくす