ラブレターと鴨居玲さんと…
今日は、制作を進めました。

長野のOくんの品をやっと制作できました。
たいへんお待たせしていた品です。
やっと完成したのは、刻印する文字のバランスを
ようやく良いかもと決定できたからです。

toritoRuさんのオーダーの品を制作。
まだ、材料を整えて、成形している段階です。
完成には、数日かかります。

ファニーマーケットさんとモダナークさんの品も
材料を整えたり、準備をしました。

ようやく復活ができました。
仕事を再開して、気持ちがおだやかになったかと
思ったのですが、こころに雲行きが怪しい気配が。
予定とにらめっこ。うーん。
このままでは、、、。

やっぱり、ゆったり過ぎでした。

最近、柳宗理さんのデザインのことが気になって
一度読んだ本を引っ張り出して、読んでみたり、、、。

気になっている人の本をずっと読んでいたりして、
夜を過ごしています。


うれしいことがあります。Mailletをしていてよかったと
思うことは、Mailletにラブレターをもらえた時です。

とてもうれしくて、がんばってみたいと思います。

ちいさなしあわせが、とてもおおきなしあわせになります。

このことは、とても大切なことです。
ちいさなしあわせをしっかり積み立てていくことが大切だと思っています。

おおきなしあわせをドーンともらってもあたふたしてしまいます。
ちいさなしあわせをすこしづつ共有していきたい。

そのことがどれほど大切なことか、、、。

よくわかりました。

Wさんとのことも、Hさんのことも、Oくんとのことも、Sさんとのことも。
みんなのしあわせを分けてもらっている。

うれしいことだと思います。

しあわせをたくさんもらっているのだから、、、
生きて行こうと思えて、、、。

死を考えるなんてことよりも、
たくさんのしあわせを届けることやしあわせをもらえることに
感謝しつつ、、、生きて行こう。

鴨居玲さんの展覧会へ行ってきて、、、
死の香りがする作品を見たりして、でも、そんなことない、
生きている時間の美しさが表現されているとも思ったし、
色合いや美意識の素敵さは、物語にあふれていて…

物語の終わりが、自殺というのは、悲しいですよね。残念。
アーティストが自殺してしまうというのは、、、。

生きていることも生きている理由があるとおもうし、
運命の先が自殺で終わるのは、運命から逃れようとしたとしか
言いようがない。

運命をまっとうに生きたい。生きているのだから、
大切なことを大切に考えたい。
親を悲しませたくない。

題材に困ったとしても、みつけたいと思いました。
死を選択することよりも、苦しんでも生きていかないと。

楽をすることを考えるよりも、たいへんな道を選ぶ方が、
しあわせなことのように思います。

なぜなら、たくさんのしあわせに包まれるから。
たくさんのありがとうに出会えるから。

運命から逃れることはできない。
そして、運命を変えることは、できるのではないか?
たくさんの選択肢がある。それをどう選ぶのか。

選んだことにも理由がある。その時代の自分が考えたことを
間違っていたと思ってもしかたがない。

もっと肯定して、良い方向を考えていくことの方が
楽しいし、うれしいことに出会えると思う。

ちいさな「しあわせ」を大切にしたい。
そのための努力をできるだけしたい。

見逃しているのだと思う。気がつくことがとても大切だし、
しっかり、気がついて感謝していきたい。

たくさんの出会いと、今まで購入してくださった人、
そして、お店の販売してくださった店主さんやスタッフさん
友人、知人、両親、叔父さん、、、、。

いろいろな人に感謝したい。ありがとうございます。

マイレより
[PR]
by maillet | 2015-06-07 22:28 | おてがみ


<< 長野のO氏のコレクションより 10月の展示のこと考えた2日間... >>