カテゴリ:マイェについて( 12 )
もくじ(はじめに)







e0252082_20435366.jpg
e0252082_20442361.jpg
e0252082_20445938.jpg


「時をあたえ、残すこと。」

おだやかなこころでいたい。
すっきりとしたきもちで、むきあいたい。

ひとりの手からうみだす
ちいさなかたちを丹誠込めてつくっていく。

ときになやみ、ときにくるしみ、
ときにたのしく、ときにうれしく。ひとつの感性とともに。

ていねいに、じっくりと。
あなたとわたし、そしてお品。

届ける先は、あなたの手元へ。
あなたのこころへ。

あしたへとつながる元気の素になるように。
こころの豊かさを表現していくことになればいいなと
おもっています。











マイェについて
マイェ(マイレ)のことについて書いています。


とりあつかいかた
マイェの品の取扱い方法を書いています。


すけじゅーる
マイェの年間スケジュールを書いています。


おみせさま
お取り扱いのあるおみせさまの紹介を書いてます


マイレぶっくす
マイェの出版レーベルの紹介を書いてます
日本タイポグラフィ年鑑2017にマイレぶっくすの3冊が入選。


おてがみ
みなさまに宛ててマイェからの日々のことやお伝えすることを書いてます。


てんじふうけい
今までの展示風景を掲載しています。


コレクション
アクセサリーの紹介を書いてます。


スタイルぶっく
マイェのスタイルをモデルに合わせて提案していきます。


みんなのスタイル
お客さんのスタイリングの記録を書いています。


マリッジ
マリッジの紹介を書いてます。
マリッジは、兵庫・姫路のボカグランデさんを通じて行っております。
ご相談の窓口は、ボカグランデ・バケツさんにてお願いいたします。


オーダーメイド
オーダーメイド(受注)の品の受け方を書いています。
年に2回ある受注会では、お客さまと直接会ってお話しをして
制作しています。一番古い記事に、ご依頼の仕方を
掲載しております。


Maillet手芸部
Mailletのなかの手芸を作ります。
年に2回の受注会にて発表できるように。手芸部では、布ものの品を
作っていこうと思っております。


さくひん
アクセサリー以外の作品の紹介を書いてます


おしごと
おしごとの紹介を書いてます


ワークショップ
ワークショップの紹介を書いています


おはなしとおんがく
トークショーや演奏会のイベントのことなどを書いています


ファム・エ・オム
マイェ・ファム・エ・オム
真鍮のアクセサリーにとらわれず、金や銀のジュエリーを制作する
レーベルのことを書いています。
Maillet Femme et Homme


ヴェール・マイレ
イラスト作家「ヴェール」さんとのコラボレーション・レーベル
のことを書いています。
制作した品は、2016年の後も販売する機会をつくっている。
Vert Maillet(2016年より活動休止、活動期間2015-2016の2年間)


グラフィックでざいん
マイェのグラフィックデザインの紹介を書いています


ぷれす
マイェの雑誌などの掲載情報を書いています
2017年、伊丹国際クラフト展『ジュエリー』にて2作品が入選。


おもいで
マイェとしての2010年から今までの
大切な宝物のような想い出のことを未編集※で書いています

※未編集:ここでは書き綴ったままの整理されていない文章のことを指しています。


インスタグラム
maillet.brass.things インスタグラムへ
Instagram: maillet.brass.things











e0252082_22502336.jpg









e0252082_22502684.jpg











e0252082_22502932.jpg










e0252082_22503270.jpg










e0252082_22503502.jpg











e0252082_22503774.jpg











時をあたえ、残すこと。










Instagram: maillet.brass.things









Design: yusuke iseda design









e0252082_02515375.jpg











[PR]
by maillet | 2018-12-31 23:59 | マイェについて
これまでのMailletの活動
e0252082_22501664.jpg

外の世界から日本をのぞいたら何がみえるのだろう。
日本の何が良いのだろう?何がかっこいいのだろう?
視点を変えてみること。

マイェより

Maillet/maillet.exblog.jp/

-------------------------------------

これまでのMailletの活動

-------------------------------------
◎受賞
2017
◎2017伊丹国際クラフト展『ジュエリー』2作品4点が入選
応募者346人(海外148人)そのうち97人(海外12ヶ国63人)が
選ばれました。日本人34人のなかに選ばれました。
◎日本タイポグラフィ年鑑2017、3冊のブックレットが入選
3冊のブックレット(WAKKUN、東野健一、Maillet)


-------------------------------------


◎Mailletの美術館(ミュージアム)などの施設での展示
2017
2017年11月〜12月2017伊丹国際クラフト展/伊丹市立工芸センター・伊丹
2017伊丹国際クラフト展に2作品4点が入選いたしました。
その品の展示と販売がありました。

2016
2016年10月/美山かやぶき美術館・南丹
「ねぐら 太田朋展」太田朋さんのお手伝い
太田朋ブローチをつくる。


-------------------------------------


◎Mailletの受注会
2018
◎2018年6月/夏の受注会/bocagrande 2nd・姫路
「Mailletのこころのかたち」

2017
2017年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletの小さくてしあわせなおくりもの」
2017年6月/夏の受注会/bucket by bocagrande・姫路
Mailletの「永く愛されるもの」

2016
2016年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletの小さくてしあわせなおくりもの」
2016年6月/夏の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletのその日、その時、その呼吸。」

2015
2015年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletの小さくてしあわせなおくりもの」
2015年6月/夏の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletの手紙をかくこと。」

2014
2014年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Maillet の 小さくて静かな贈りもの」
2014年6月/夏の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「Mailletのこゝろのかたち」

2013
2013年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
2013年6月/夏の受注会/bucket by bocagrande・姫路
「リネンとヨーロッパからのたより」

2012
2012年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
2012年5月/春の受注会/bucket by bocagrande・姫路

2011
2011年12月/冬の受注会/bucket by bocagrande・姫路
2011年11月/冬の受注会/小たに・神戸
2011年4月/春の受注会/bucket by bocagrande・姫路

-------------------------------------

◎Mailletの展示会
2018
2018年5月3日〜6日/Tanemaki・広島
Maillet展

2017
2017年11月/nuta・岐阜
Maillet展 神戸展の巡回
2017年9月-10月/toritoRu・宇治
Maillet展「時をあたえ、残すこと。:マイェ・ブラス・シングス」
2017年4月/MARUNI・神戸
『その日、その時、その呼吸: 伊勢田雄介』展
紙箱、「紙」のジュエリー、真鍮のコスチュームジュエリー、メディアミックス

2016
2016年10月/toritoRu・宇治
Maillet展
2016年1月/nuta・岐阜
Maillet展

2015
2015年10月/MARUNI・神戸
「works. product. maillet.(ワークス。プロダクト。マイレ。)」
2015年10月/器と暮らしの道具 ハクトヤ・篠山
「お天気お月さん」
2015年4月/toritoRu・宇治
Maillet展

2014
2014年11月/gui・神戸
「Mailletのこころのかたち」展

2013
2013年5月/小たに・神戸
Maillet展
2013年3月/OLD BOOKS & GALLERY SHIRASA・神戸
「a study, and a study(練習、そして勉強 展)/タイポグラフィックな風景」

2012 
2012年11月/小たに・神戸
Maillet展

2011
2011年1月/OLD BOOKS & GALLERY SHIRASA・神戸
「a study(習作 展)/タイポグラフィックな風景」

-------------------------------------

◎グループ展
2018
2018年5月/oltwax & gram/岡山・西大寺
2018年4月/toiro/兵庫・神戸
「光の輪」― Lyyys( Maillet + 小谷淑子 + 藪野大輔 )
光の輪のブローチを元に物語を制作。空間絵本を生み出す。
人形、アクセサリ―、影絵、空間演出、音楽による表現。
toiroさんのカフェでは、ドーナツを販売する。
藪野大輔氏は、CDアルバムを制作し販売を行う。
最後のパーティで、小谷淑子氏扮する紅蜥蜴による酒店「よしこままのアテ日記」をする。
Mailletは、黄金の舟の販売(ミニチュアの制作を依頼される)とアクセサリ―の販売を行う。

2017
2017年11月〜12月2017伊丹国際クラフト展/伊丹市立工芸センター・伊丹
2017伊丹国際クラフト展に2作品4点が入選いたしました。
その品の展示と販売がありました。
2017年12月 煤竹箸 nuta・岐阜
箸置きを制作して参加しました。
2017年8月/cafe+space+gallery toiro・神戸
「日々のあお―ラ・ム・ネ」 すがのまささんとふたり展
 タイポグラフィと言葉、詩から漢字を一文字取り出し解体してイメージを探る
 そこから詩に合わせてポスターを10枚作り、コラージュしてあおい壁面を作る。
 店内を風鈴の下にある短冊のような紙片を天井からぶら下げ、空間を構成する。
2017年7月/GALLERY 301・神戸
WAKKUN作品展「二人の空気」WAKKUNさんのお手伝い
真鍮の糸電話とWAKKUNブローチをつくる。
2017年6月/p-gallery soco・福島(大阪)
「しあわせのスカーフ展」

2016
2016年11月/nuta・岐阜
「くじらづくし」ナカヤマサトシさんと2人展
2016年10月/美山かやぶき美術館・南丹
「ねぐら 太田朋展」太田朋さんのお手伝い
太田朋ブローチをつくる。
2016年4月/Uran-Dou・西宮
「しあわせのスカーフ展」
2016年4月/器と暮らしの道具 ハクトヤ・篠山
「風 風 ふくふく シャボン玉とばそ!」33さんとの2人展
2016年2月/cafe+space+gallery toiro・神戸
「什器10-16:マイレ+フライング・フレーム」
フライングフレームさんとの2人展

2015
2015年6月/Alley・神戸
「1920年代の私…想像の世界へ」
2015年6月/Uran-Dou・西宮
「お守り 太田朋展」太田朋さんのお手伝い
太田朋ブローチをつくる。
2015年2月/ふく蔵・加西
「クラッシック オブ フォルム展」
児玉修治さん、オ・クール・ジョワイユさんとの3人展
2015年2月/nuta・岐阜
「巻くもの巻きもの巻いたもの」

2014
2014年12月/nuta・岐阜
きたのまりこさんと2人展
2014年3月/bucket by bocagrande・姫路
「brooch brooch brooch」

2013
2013年6月/C.A.P. CLUB Q2・神戸
「高濱浩子の旅」出品

2012
2012年4月/大丸神戸店(小たにブース出品)・神戸
2012年2月/ALUKU'MI・鎌倉
小原聖子さんと2人展

-------------------------------------

◎クラフトフェア・祭
2017
2017年11月/あしやつくる場 2017 秋・芦屋
マイレぶっくすの販売、作家のサイン会、朗読、お話などブースにて
2017年5月/しそう森のバザール・宍粟

2016
2016年11月/美山ふるさとまつり(出品)・南丹
2016年9月/にじのわまつり・姫路
2016年6月/from West(T△riブース出品)・岡山
2016年5月/しそう森のバザール・宍粟
2016年5月/あしやつくる場 2016 spring・芦屋

2015
2015年5月/ひめじクラフト・アート・姫路

2014
2014年5月/宴日・四条畷

2013
2013年5月/しそう森のバザール・宍粟

-------------------------------------

◎ワークショップ「マイマイマイレのカリカリカリカリ」
2016
2016年12月/bucket by bocagrande・姫路
2016年11月/美山かやぶき美術館・南丹
2016年5月/koti・竜野
2016年2月/cafe+space+gallery toiro・神戸
2016年2月/cafe+space+gallery toiro・神戸
2016年1月/nuta・岐阜

2015
2015年12月/bucket by bocagrande・姫路
2015年11月/gui・神戸
2015年9月/gui・神戸

-------------------------------------

◎Vert Maillet
2017
2017年2月/bucket by bocagrande・姫路

2016
2016年11月/土の詩 by 米ギャラリー大手前・姫路
2016年5月/土の詩 by 米ギャラリー大手前・姫路
2016年2月/bucket by bocagrande・姫路

2015
2015年11月/土の詩 by 米ギャラリー大手前・姫路

-------------------------------------

◎maillet booksの本の出版イベント
2017
2017年11月/あしやつくる場 2017 秋・芦屋
マイレぶっくすの販売、作家のサイン会、朗読、ライブペイント、お話などブースにて

2016
2016年9月/C.A.P. Y3・神戸
(東野健一さんのイベントに参加)
2016年8月/トンカ書店・神戸
「マイレぶっくすの3冊の本と仕事」展
2015年6月/bocagrande 2nd・姫路
(Mailletの出版イベントを企画)
2016年5月/てんゆう花・新潟
(WAKKUNさんのイベントに参加)

2015
2015年6月/bocagrande 2nd・姫路
(WAKKUNさんの出版イベントを企画)
2015年4月/ギャラリーヴィー・神戸
(WAKKUNさんのイベントに参加)

-------------------------------------

◎トークショー
2017
2017年12月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第3回:chika et saeさんのイベントを企画)

2016
2016年10月/米ギャラリー大手前・姫路
(岩田健三郎さんとのトークに参加)
2016年9月/C.A.P. Y3・神戸
(東野健一さんのイベントに参加)
2016年8月/トンカ書店・神戸
(WAKKUNさん+東野健一さん+Mailletとのトークを企画)
2016年6月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第2回:chika et saeさんとMailletのイベントを企画)
2016年2月/iTohen・大阪
(WAKKUNさんとのトークを企画)

2015
2015年6月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第1回:WAKKUNさんとchika et saeさんとのイベントを企画)

-------------------------------------

◎おはなしとおんがく、音楽会の企画
2017
2017年12月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第3回:chika et saeさんのイベントを企画)

2016
2016年11月/米ギャラリー大手前・姫路
音楽会(chika et saeさんとのイベントを企画)
2016年6月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第2回:chika et saeさんとMailletのイベントを企画)

2015
2015年6月/bocagrande 2nd・姫路
おはなしとおんがく(第1回:WAKKUNさんと三浦冴さんとのイベントを企画)

2013
2013年12月/bucket by bocagrande・姫路
音楽会(三浦冴さんのイベントを企画)
2013年7月/カフェ・ラ・ダダ・姫路
音楽会(chika et saeさんのイベントを企画)

2012
2012年12月/bucket by bocagrande・姫路
音楽会(三浦冴さんのイベントを企画)
2012年11月/小たに・神戸
おはなしとおんがく(第0回:WAKKUNさんと三浦冴さんのイベントを企画)

2011
2011年12月/bucket by bocagrande・姫路
音楽会(三浦冴さんのイベントを企画)

-------------------------------------

◎伊勢田雄介個展
2017
2017年4月/MARUNI・神戸
『その日、その時、その呼吸: 伊勢田雄介』展
紙箱、「紙」のジュエリー、真鍮のコスチュームジュエリー、メディアミックス

2013
2013年3月/OLD BOOKS & GALLERY SHIRASA・神戸
「a study, and a study(練習、そして勉強 展)/タイポグラフィックな風景」
詩を書き印刷によるポスター、刻印を使い物語のある真鍮作品、メディアミックス

2011
2011年1月/OLD BOOKS & GALLERY SHIRASA・神戸
「a study(習作 展)/タイポグラフィックな風景」
詩を引用し印刷によるポスター、刻印を使い物語のある真鍮作品、メディアミックス

2010
2010年7月〜9月/no one else・神戸
「てんのおうこく、どうぶつてん。第二話二章/君は飛べるか、飛べないか。時々刻々」
ポスター5点にマスキングテープで落書きをしてもらう、ポストカード、原画
2010年4月/DELLA-PACE+みみみ堂・神戸
「てんのおうこく、どうぶつてん。第二話/君は飛べるか、飛べないか。」
水彩画の原画やポストカードやクッション人形、物語を書く

2009
2009年5月/rai.box・神戸
「てんのおうこく、どうぶつてん。/名前のない動物がいます。」
水彩画をトナー印刷し版画化、ポストカード、物語を書く(絵本の制作)

2007
2007年5月/co-fuqúe café・神戸
「クウカンのなかのてん」
ポストカードサイズの版画(ゴム板版画)

2001〜2006
毎年何度かのグループ展に参加する・神戸


-------------------------------------


◎Mailletのプロフィール
Mailletは、小さなお家の一角ではじまりました。あたたかみのある手から産み出す小さなかたち。あたたかい暮らしから、こころを伝える装身具でありたいと思って来ました。 Mailletは、フランス語の「木槌」という意味です。日本の昔話にある「一寸法師」の打ち出の小槌の物語が好きです。木槌は、姿勢を正すように最後にかたちを整えるための道具として使います。素材は、真鍮を使い、手のぬくもりのある形から身につける女性の意識下に姿勢を届けるような美しさを提案しています。鋳造せず、地金から、1点もの(同じかたちで も微妙に違うため)の品として日々じっくり制作しています。

◎代表作の光の輪のブローチについて
「あたしにマルをあげよう」自分へご褒美のマルを贈る。代表作の光の輪のブローチは、身につけていると、心が穏やかになり、やさしさを思い出してもらえたらという想いを込めて制作しています。また、日蝕や月蝕の光の輪をモチーフにした品です。日蝕や月蝕があった時に、その様子を実際に眺めたり、映像でも感動したこと。その体験から「淵(fu-chi)」の造形が美しいと感じました。


-------------------------------------

マイェより
Instagram: maillet.brass.things







e0252082_02574199.jpg
















[PR]
by maillet | 2018-12-31 23:53 | マイェについて
笑顔でいるために「あたしにマルをあげよう」。
笑顔でいるために「あたしにマルをあげよう」。

Mailletの光の輪のブローチは、光をモチーフにしています。
そして、月をあらわしています。

自分の気持ちや気分は、いつでも笑っていたいくらい
実は、心は明るくいます…。

でも、その反面、どんよりした闇の部分も、陰気な時もあります。
その影の部分があるから何糞と思ってやって来れたのです。
今、明るく光のように前進したいと前向きですし、がんばっています。

「あたしにマルをあげよう」
という言葉は、日本の Maillet brass things のお客様が言われた
言葉をそのままキャッチコピーに使っています。

ご褒美を良しとするなら、自分を認め、良いと思うこと。
それだから、笑うことができる。笑顔でいれる。

陽気でいたい。月だけど、陰気じゃなくて陽気なんです。
笑顔は、福を呼んで来てくれるから。

月は、裏の意味で「ツキ」、運のツキのともとれますよね?
運がついていることって運命って思えるし、いいかもと思います。

わたしは、誰でもは無理だし、我慢してしまうし、言わないけれど、
身近な相手に対して笑かそうと必死になったりしてしまう。

辛ければ辛いほど気持ちを明るくしたい。正直にまっすぐだから、
気分の変化は、おもしろいように気分屋さんです。だけど、さ、

やっぱり、笑っていたいし、冗談を言いたいですよね?

Mailletより
Instagram: maillet.brass.things



[PR]
by maillet | 2018-09-12 18:26 | マイェについて
おもちゃと装身具
おもちゃのようなジュエリーを作ることが多い私。
なぜだか、ガラクタのようなものを作ってしまいます。
そして、「遊ぶ」ということを考えてしまいます。

「あそび」というのが、私にはとても大切な考え方なんです。

あそび―――ヨハク

というのは、つながっていると思うのです。
余白と言ってしまうとなんだかかっこよくなってしまいます。

ですが、「あそび」の文化が成熟している日本において
真鍮を使ってどうやって遊ぶのか…
そうしたことが楽しいから作っているのです。つくり続けることが
できるのだと思います。

ひとつの素材を使い回すことで、見えてくる世界があり、
わたしは、真鍮という素材に魔法をかける。

そういう遊びをしています。

おもちゃのようにモノをつくること、
それって大切なことだと思います。

「おもちゃ感」っていうのが私にあって、
あ、できた!と思う瞬間て、そういうおもちゃみたいなもの
ができた時、おぉ〜ってなるのです。

おもちゃからの装身具は、「あそび―――ヨハク」のある世界。
そう思って制作しております。

マイェより
Instagram: maillet.brass.things



[PR]
by maillet | 2018-04-19 11:33 | マイェについて
こころのなかの自分の根っこを探ること…
根っこを探ること…

わたしは、信仰をしていません。無宗教であり、
家には、仏壇と神棚のある左右中道の家に生まれました。
お経を子供の頃から夏のお盆に読んでいました。

宗教性を無くしたものがモダニズムだとしても、
ただ、その根っこの記憶は、ものを作る上で消せるわけでない。
宗教観では、仏教の考え方とお伊勢さんの考え方の
両方がわたしのなかにあります。

そして、グラフィックデザイナーの杉浦康平先生の著書を
読んだり、タイポグラファのヘルムート・シュミット氏の著書を
読んだりして、考え方を広げました。
政治の考え方もいろいろと学んだと思います。

そのなかで、こころにウソとマコトを聞いて自分で判断することを
選んできました。

今回の展示では、そうした背景を語ることはしておりませんが、
自分のなかで、根幹をなすものとしての哲学があり、
そうしたことをかたちにしております。

根っこを探ることは、大学の頃からその考えでいるものの、
イラストレーターのWAKKUN氏やアーティストの高濱浩子氏などから
お話を伺ってきましたので、そうした影響は、多分にあります。

自分が、どんなものを作っていくのか、それは、
2003年頃に美術館で見た、棟方志功氏の影響も大きいと思っています。

それらのことをもう一度思い出しつつ、現在の自分とを考えつつ
生きています。

生きることということに向かい、健康にいること、元気でいること。
そうしたことから自然に対する、身近な気持ちをかたちにしています。

ですので、無宗教のわたしが、根幹を考えた時、哲学や宗教の影響も
確かにあるのです。

自分の背景を考えた時、幼少の記憶もまたそうであり。
自分らしさの品を作ろうと思った時に、過去の経験や体験から
気がつくことがあります。

暮らしていこう。

元気に居たい。

そうした時、何を大切にしなきゃならないのかは、自分自身の想い。
わがままではなくて、大切にしたいのは、感じたことです。

感じる。その普通の等身大のことに目を向けたい。

フランスでのことがあり、すこし過大評価ぎみになった文を
書いてしまっていました。

今、わたしが置かれている環境で、そうしたことに気がつき、
あぁ、そうだった。

等身大、身の丈にあったわたし。自分そのもののうつわで語りたい。
そう思うようになりました。

素直に居たい。正直、純粋。だからといってわがままとは違う。
そんなことを考えております。

マイェより
Instagram: maillet.brass.things



[PR]
by maillet | 2018-04-18 17:40 | マイェについて
「ほどよい/hodoyoi」ということ…
今日は、昨日、興奮して眠れず、昼間に眠たくなり
身体を休める。

なんとなく、良いかなと思う。
毎日、気になることがある。その度に、メモ。

ただ、思う。つまらない。つまらな過ぎ…。
それと、やっぱり自分がガツンと思うものを…。

数日、そうしたことを心に思う。

心の距離を考え、
作為の人の心を考える。

蛸壺でつかまえる漁師のように…。
マグロ漁の漁師の姿は、かっこいいなぁと映像をみて思う。
イノシシや鹿を追う猟師の姿、かっこいいと思う。

あたりまえに暮らすことを考える。それが生き方だし、
どうやったら食べていけるのかを考えることの方が大切に思う。

人生を楽しく生きるために、今の環境を維持するために生きる。

ありがたいと思うことは、やまほどあり、感謝することばかり。
恵まれていると感じることも多くあり。

ほどよいこと。「hodoyoi」というのが粋だと思う。
わたしは、「ほどよい」を作っていこうと思います。

マイェより
Instagram: maillet.brass.things




[PR]
by maillet | 2018-03-29 21:21 | マイェについて
Mailletの想い…
Mailletは、小さな家の一角ではじまりました。
あたたかみのある手から産み出す小さなかたち。
あたたかい暮らしから、こころを伝える装身具で
ありたいと思って来ました。

すこしでも気持ちが楽になったり、楽しくなったり、
和やかで、すこしでも穏やかに暮らしたい。

それが、ありがとうのかたちになっても良いと思う。
そうしたおくりものを作っていきたいと思っています。

マイェより
Instagram: maillet.brass.things


[PR]
by maillet | 2017-09-08 13:51 | マイェについて
こころを整えることが品をつくる準備体操…
アクセサリーは、こころの綺麗な状態で作りたいです。

整えて、すーっとした状態で作ると、かたちが綺麗に
仕上がります。穏やかな状態である方が良いですし、
変に気持ちが乗っかるとダメになります。

良い状態というのは、ほとんど何かに影響されておらず、
素直にかたちができあがります。

身につけるものですから、一点一点、、、
シンプルですので、1手がとても大切になります。
装飾が大げさでないと言っても、ゆらぎがあり、
表情のある仕上げの品です。

その表情をつくるのが、こころが乱れていては、
作れないのです。

失敗した品は、切り刻んで廃棄します。
その回数が少なくなるように作らなくてはなりません。
そのためのこころの状態というか…。

こころを穏やかにしなければ、作ってはいけないからね。
と親から忠告されていて。そうしたことを守っています。

それは、作り出して間もない頃のこと、
わたしは、ある事で怒ってしまっていて、機嫌が相当に悪い中、
品を作った事がありました。

それを見ていた親が、そうしたことを注意され、
ダメだよと言われてしまったのです。

それ以降、わたしは、穏やかにゆっくりと
作るようになりました。ゆとりのあるスケジュールを
組み、ぎりぎりまで制作しないというスタイルに
なっていきました。

いかにして、こころを穏やかに保つかがわたしの
大切な日課になりました。

マイェより




[PR]
by maillet | 2017-05-03 21:45 | マイェについて
雪月花
雪月花

「琴詩酒、友は皆我をなげうつ 雪月花の時 最も君を思う」
雪・月・花のうつくしいときには、ともに詩を詠じた君のことを思い出す。
という白楽天が旧友に送った詩

※白楽天…中国の詩人

月は、満ちては欠け、うつくしさは刻のなかで姿を変えていく。
雪も花も姿を変えていくうつろっていく。
うつくしさは、その姿を変えて生まれていく。人の成長と同じように
変化していくことがうつくしく循環していく。

マイェより
[PR]
by maillet | 2015-03-31 21:36 | マイェについて
星が願いを叶えてくれる
流れ星が好きです。

星が願いを叶えてくれるという
御伽噺のようなことが好きです。

星が消えるまでに願い事を言うという決め事も
とても楽しい。

はやくしなきゃとか、こころのなかで
唱えられなかったとか唱えられたとか
そういうことが小さいときには、とても
うれしかったし、たのしかったのを覚えています。

大人になったいまでも、それは楽しいし、
どきどきします。

夢や願いが叶うというのは、未来があっていいなと。

わたしのしていることは、未来に提案していきたいので。
未来に向かって願いを叶えるように祈るというのは、
とてもすてきなことのように思うのです。

流れ星。

流星。

一瞬の時間。

あなたの願いが叶いますように。

あ、流れ星みーつけた。

マイェより

Maillet/maillet.exblog.jp/
[PR]
by maillet | 2014-11-02 23:14 | マイェについて